SCROLL

オケージョン

オケージョンとは「TPO」の「O(occasion:場合)」を指し、
日本では主に「行事、祭典、儀式」などの特別な出来事を意味しています。
入学式や卒業式、冠婚葬祭など「格式のある特別な行事や儀式」を一括りに“オケージョン”といいます。
Pierrotおすすめの”オケージョンコーデ”を紹介します!

オケージョンとは「TPO」の「O(occasion:場合)」を指し、日本では主に「行事、祭典、儀式」などの特別な出来事を意味しています。 入学式や卒業式、冠婚葬祭など「格式のある特別な行事や儀式」を一括りに“オケージョン”といいます。 Pierrotおすすめの”オケージョンコーデ”を紹介します!

 01 

「入学式・卒業式」のオケージョンスタイル

「入学式・卒業式」の
オケージョンスタイル

服装選びのキホンは「セミフォーマル」です。デニムやサンダルなどカジュアルな服装はNG。
ひざ丈のスカートやワンピースならストッキングを着用しましょう。
また、会場ではコート類は脱ぐのがマナーです。冷える会場もあるので、インナーなどで防寒対策をするのがおすすめ◎

服装選びのキホンは「セミフォーマル」です。デニムやサンダルなどカジュアルな服装はNG。 ひざ丈のスカートやワンピースならストッキングを着用しましょう。
また、会場ではコート類は脱ぐのがマナーです。冷える会場もあるので、インナーなどで防寒対策をするのがおすすめ◎

入園・入学式の主役はあくまでもお子様です。悪目立ちしないように控え目なフォーマル感を心がけ、髪型やアクセサリーも華美になりすぎないように注意が必要です。
服の色味は、春らしさの出る明るいパステルカラーや白色、ベージュなどがおすすめです。

ブラウス (近日発売予定) / パンツ (近日発売予定)

入園・入学式の主役はあくまでもお子様です。悪目立ちしないように控え目なフォーマル感を心がけ、髪型やアクセサリーも華美になりすぎないように注意が必要です。
服の色味は、春らしさの出る明るいパステルカラーや白色、ベージュなどがおすすめです。

最近は着回し力の高いパンツスタイルも人気です。
セレモニースーツはデザインの流行に左右される傾向が。また着る機会が少ないためちょっと勿体ない気もしますよね…
きれいめアイテムをセットアップ風にコーディネートすれば、組み合わせ次第で普段使いもできるのでおすすめです。

ジャケット  ¥4,890 / ブラウス  (2/26発売予定) / パンツ  ¥2,190 / シューズ  ¥3,290

最近は着回し力の高いパンツスタイルも人気です。セレモニースーツはデザインの流行に左右される傾向が。また着る機会が少ないためちょっと勿体ない気もしますよね…
きれいめアイテムをセットアップ風にコーディネートすれば、組み合わせ次第で普段使いもできるのでおすすめです。

ジャケット  ¥4,890 / ブラウス  (2/26発売予定) / パンツ  ¥2,190 / シューズ  ¥3,290

卒業式・卒園式はダークカラーがベーシックです。
スカートならひざ丈を選び、ヌードカラーのストッキングにしましょう。黒や柄物のタイツは基本的にNGです。パンツスタイルの時は、ジャケットや合わせ方でお仕事感が出ないように工夫しましょう。
地味になりすぎないように、ワンポイントにネックレスやコサージュをつけるのがおすすめです。

ジャケット  ¥4,990 / インナー (3月中旬発売予定) / スカート  ¥3,290 (2/26発売予定)

卒業式・卒園式はダークカラーがベーシックです。
スカートならひざ丈を選び、ヌードカラーのストッキングにしましょう。黒や柄物のタイツは基本的にNGです。パンツスタイルの時は、ジャケットや合わせ方でお仕事感が出ないように工夫しましょう。
地味になりすぎないように、ワンポイントにネックレスやコサージュをつけるのがおすすめです。

ワンセットあると着まわしの幅が広がる、パンツセットアップ。
これだけでも品よく決まりますが、明るいカラーのジャケットを羽織ると更にキチンと感が出て◎

セットアップ  ¥4,990 / ジャケット  ¥4,890

ワンセットあると着まわしの幅が広がる、パンツセットアップ。これだけでも品よく決まりますが、明るいカラーのジャケットを羽織ると更にキチンと感が出て◎

セットアップ  ¥4,990 / ジャケット  ¥4,890

 02 

「結婚式」のオケージョンスタイル

袖や着丈が長めのレース素材は最近のトレンドで、羽織などがなくても大丈夫な1枚で着こなせるタイプが人気です。
きちんとフォーマル感が欲しい場合は、ショールやボレロ、ジャケットなどを羽織りましょう。
バッグや小物は、動物革やファー、キャラクターモチーフ、大きいバッグ、ロゴ、紙袋などは結婚式ではNGです。
シルクやサテン、シフォン素材といったフォーマル素材のバッグを選びましょう。

袖や着丈が長めのレース素材は最近のトレンドで、羽織などがなくても大丈夫な1枚で着こなせるタイプが人気です。 きちんとフォーマル感が欲しい場合は、ショールやボレロ、ジャケットなどを羽織りましょう。 バッグや小物は、動物革やファー、キャラクターモチーフ、大きいバッグ、ロゴ、紙袋などは結婚式ではNGです。シルクやサテン、シフォン素材といったフォーマル素材のバッグを選びましょう。

 03 

「パーティー」のオケージョンスタイル

結婚式の二次会や同窓会などのパーティーシーンは結婚式に比べマナーの縛りがあまりないので、明るい色のドレスがおすすめです。
パーティーはいつもと違う自分を演出できる素敵なシーンなので、シックな色が好きな方はデザインで個性を出してみるのも◎

結婚式の二次会や同窓会などのパーティーシーンは結婚式に比べマナーの縛りがあまりないので、明るい色のドレスがおすすめです。 パーティーはいつもと違う自分を演出できる素敵なシーンなので、シックな色が好きな方はデザインで個性を出してみるのも◎

 04 

オケージョンにおすすめアイテム

  • Tops
  • Bottoms
  • Onepiece
  • Jacket
  • Accessory
  • Shoes